×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヴァルキリープロファイルシリーズ

■オススメ度
★★★★
ヴァルキリープロファイルソフト一覧
■発売元
スクウェア・エニックス
感想・レビューを読む
■世界観
北欧神話をベースに、独自のファンタジー要素を加えアレンジされた世界観。
オーディンを始めとした神々、人間、エルフ、不死者など多数の人物が登場する。
プレイヤーはヴァルキリーとなって死に瀕している英雄の魂(エインフェリア)と接触し、戦力を集めていく。
■システム
戦闘システム
コントローラーの○×△□ボタンに対応した位置にいるキャラクターが攻撃を行う。
敵を空中に浮かせる攻撃や、ダウン状態にする攻撃が存在し、それぞれコンボを狙うことができる。
エインフェリア
ヴァルキリーにより英雄選定を受けて、一時的に生きることとなった魂。
各エインフェリアには練り込まれた設定があり、生前のエピソードやそれぞれの死に至る過程が語られたりする。
■感想、レビュー
初代VP1とPSP版「レナス」がオススメです。重厚な世界観、エインフェリアを戦力として集めていくという斬新なシステム、またエインフェリア一人一人に存在感があり、非常に丁寧な作品でした。
DS版「咎を背負う者」はシミュレーション要素を取り入れた異色作。難易度の高さを「羽」システムで回避(仲間の一時的強化)できますが、「羽」を使われた仲間は必ず死亡する非情なゲームシステムとなっています。
自由度も高くありませんが、ストーリーはよく出来ている思います。
ヴァルキリープロファイルソフト一覧

↑このページのトップへ
ハード別レビュー一覧へ
ジャンル別レビュー一覧へ
オススメRPGレビュー一覧へ
RPGナビTOPへ

© RPGナビ