×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦場のヴァルキュリア

■オススメ度
★★★★☆
戦場のヴァルキュリアソフト一覧
■発売元
セガ
感想・レビューを読む
■世界観
架空の1930年代のヨーロッパが舞台。
帝国と連邦という強力な勢力に挟まれた小国・ガリア公国のガリア義勇軍2人の視点で物語が展開される。
サブキャラクター約50名全員に個々の人物像や戦後の暮らしまでこと細かな設定が存在し、シナリオ面でも大変作り込まれている。
■システム
BLiTZ
ターン制シミュレーションRPGの要素にアクション要素を取り入れたシステム。
マップを見ながら敵の視界から隠れて移動、建物の屋上など敵の背後から攻撃できるポイントを探したり、状況によって戦線を押し上げたり、など戦略上非常に重要な要素。
兵器・装備の開発
戦闘や遊撃戦闘で得た資金を投入し、兵器や装備の開発を行うことができる。
2輌の戦車や歩兵が持つ装備は開発によって改良が行われ、より高性能な新型が登場する場合もある。
■感想、レビュー
非常に良いゲームです。水彩画風のグラフィックも雰囲気が良く出ており、戦闘も戦略性が高く緊張感があります。
ただ、シビアな世界観に反してストーリー展開や演出が若干幼稚。もう少しリアル路線でも良かった気がします。
戦場のヴァルキュリアソフト一覧

↑このページのトップへ
ハード別レビュー一覧へ
ジャンル別レビュー一覧へ
オススメRPGレビュー一覧へ
RPGナビTOPへ

© RPGナビ